タイタニック~。

マリーでござんすよ~。まだ呼吸しておりやんす。

平成最後の日、如何お過ごし?

アチキは、ウマ~いラーメン🍜作って食って、珈琲☕飲みながら、「ダイ・ハード」を見ながら、この日記書いてまっせ~。もち仕事も・・。

B・ウイルスが若~。相変わらず、ぶすくさ言いながら、ビルの中を走り回っているぞなもし・・。

さて、平成最後ということで、平成の映画で見たい映画のアンケート、女性のトップは、「タイタニック」だそうな。納得。アチキも大好きな映画だ。

なぜかCD持っている~。聴きなおす~。この主題歌を歌う音楽仲間も多いが、はっきり言って、下手だと聴いてられない。

船の中がパニック状態になっても演奏続けている。🎶

リーダーが、(バンドに向かって)

~君らと演奏できて光栄に思う。~

なかなか沁みる言葉だ。

タイタニックの凄さは、やはりあの圧巻のクライマックスでもある船がダイナミックに沈むまでのシーンだろう。撮影もこのシーンからはじめられたいう。

ロマンスあり、スリルあり、極限状態のなかで、人間としてどうあるべきか、を学ばされる。

アチキは、グロリア・ラッソーの「ボン・ボヤージュ」と言う歌を歌っている。良い船旅を、という意味だ。船旅こそ、安全で楽しい旅でありたい。


投稿者: ずっこけマリー

主婦廃業のアラカンオバハン。ボサノバ、ジャズ、欧米音楽、映画、お酒、おしゃれ、ものを書くのが好き。自称○○歌手。楽しい日々の日常が好きなおっちょこちょいなマリーです♪

コメントを残す